So-net無料ブログ作成

直線、坂下、抜群の手応え。 [レッツゴードンキ☆]





はいさい。





残念でしたねぇ。



A★RATAくんトビィさんが、そんなことを言ってくれた。



気にかけてくれて、うれしかったですね。





そう、、レッツゴードンキ6着でした。


(2018年5月13日・・坂を上りきったところで待ってます。@レッツゴードンキ☆参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2018-05-13





昼過ぎから雨が降り始めて、


パドックが始まる15時には結構降っていて、


そんな中、カッパを着てパドックで待機。




レッツゴードンキにあいさつをして、


レッツゴードンキを目に焼き付けて、、


コースに向かった。




レースはというと、


1枠1番、最内枠から好スタートを切って、


気持ちよさそうに走る。



多少、、行きたがる素振りも見せつつも、


先団で鞍上岩田騎手と息を合わせる。



僕らは、その姿をジッと見つめる。



そして、、


折り合いがついたまま迎えた、、最後の直線。




騎手の手は動かない。


手応えは抜群だった。


けど、、


前が開かない。



前を走る4頭が壁になっていた。



前が開くのを待つ。


でも、、開かない。。



外へ行く。


けど、、外に馬がいて、ちょっと狭い。



今度は内へ進路を変える。



最後、内から伸びたけど、、結果は6着。




残念だった。


でも、、1200mが得意な彼女。


距離が長い1600m、がんばった。




たぶん、、前が開いていても、勝つことはなかったかもしれない、、


けど、、直線坂下残り400mのあたりでは、、


前が開いたらあるんじゃないかと思わせてくれたし、


何より、最後まで諦めず進路を探して走る姿は、、


やっぱり素敵だった。




勝ったジュールポレールは、


昨年3着からの戴冠。



最後の伸び脚はすごかった。



ハナ差の勝利だし、、最後は根性でもぎ取った感じだった。




いいレースだった。




なんていうか、、


やっぱり競馬って、、いいよねぇ。。



大好きなお馬さんを追いかける楽しみ。


レースをみる楽しみ。


予想する楽しみ。



いろいろな楽しみがあって、、ね^^





さて、、下を向いているわけにはいかない。



昨日は残念だったけど、、


レッツゴードンキ、、秋こそ、スプリンターズステークス



6歳の彼女にとって、、


もしかしたらGⅠを勝つラストチャンスになるかもしれないから、、


そこに向けて、ゆっくり休んで、、


そして、


930日。




中山競馬場で昨年のリベンジを、、

(2017年10月1日・・この涙は・・・@レッツゴードンキ☆参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2017-10-01-1


というより、、


とにかくもう一度、、レッツゴードンキがGⅠを勝つ姿、、みたいな。。





2018.5.13レッツゴードンキ☆.jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。