So-net無料ブログ作成

今週も小耳症について、書きますよ~^^ [小耳症]

はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪



今日は土曜日^^

土曜の午後3時といえば、、、


3時だよ、チョーキの時間だよ


でしたね^^
(3月2日・・土曜の3時に会いましょう@オススメ参照)



先週、19日の土曜日に、小耳症の話を書いたので、今週も書きたいと思います^^



土曜日だよ、小耳症トークの曜日だよ^^



なんちゃって^^




さてさて、今日は、、

「スポーツはどこまでやっていいのか?」

ということについて^^



これも、よく小耳症のお子さまをお持ちのお母さまが疑問に思ったりするのですが、、
スポーツについてはいろいろな意見があります。


今回、手術経験者ということで、手術を経験した場合についてお話しますね^^



まず、耳に直接衝撃が与えられるような格闘技系は難しいです。


ボクシング、空手、柔道、剣道etcは、、あまりやらない方がいいかもしれません。


まぁ、、これは有名な話ですね^^


僕は、小学校では少年野球や空手をやっていましたが、

手術をしたので、やめてしまいました。


なので、、中学校から吹奏楽部に入ったんです^^



で、、体育とか、、学校の授業でありますよね。

体育でよくあるのが、、
サッカー、バスケットボール、ハンドボール、卓球、バレーボール(?)、水泳
でしょうか。


相手と身体的接触があるスポーツ、、

サッカーやバスケットボールは、、

何かのはずみで相手の頭や腕が当たってしまうので怖い気がします。


僕の場合は、、サッカーやハンドボールはゴールキーパーをやっていました^^

これは単純に、キーパーがカッコいいと思っていたからっていうのもありますが、
ボールさえ気にしていれば、
誰かと当たったりして耳に衝撃が与えられることはないと思っていたからです^^


バスケットボールは、、カウンターアタックをするために常に前線にいた感じ^^

少しでも接触しないように、、ということでした^^


でもでも、
小耳症仲間のもえさんは、バスケットボール部に所属していたっていうし、
サトシくんはサッカー部でディフェンスやってるっていうし、、

まぁ、、お母さんは気が気でないでしょうけど、本人がやりたければやってもいいのかな、、、

とも思います。


他に、アメリカンフットボールやラグビーも身体的接触がありますが、、
これはちょっと激しすぎるので、、難しいのではないでしょうか。。

ちなみに、、僕は怖くてできないです^^;



バレーボールとかは、、

まぁ、、ボールが耳に当たる事はあまりないと思うので、、大丈夫かと思います。



卓球はどんどんやってください^^

他に、、バドミントンもOKOKです^^


オリンピック狙えます^^


小耳症の人でオリンピック選手がでたら、、
同じ仲間に大きな夢と希望を与えられると思います^^



同じく、テニスもウインブルドン狙ってください^^



水泳は、、飛び込みはやめた方がいいって言われたけど、、
他の人はどうしてるのかな。。



他に、、体育以外の遊びとかの場合。


スノーボード、スキーはやっていいと思いますが、、ヘルメットがどうですかね。

しめつけすぎると、耳がすれて痛いかも。。

まぁ、、転ぶ云々については、運動神経の問題^^



あ、僕、去年から草野球チーム入りましたよ^^

公式戦のときのヘルメットは片耳ヘルメットにしています^^

その方が、しめつけられたり、走っているときにこすれて痛くなったり、、がないのと、
ヘルメットが耳に当たる当たらないが気になっちゃうので集中できなくなるかもしれないので^^


あ、小耳症仲間のマサキくんは、高校で野球部だったって言ってたっけな。。


野球は、、できなくはない^^

身体的接触もそんなにあるわけでもないし^^



そうそう、、今、スノボやスキー、野球でヘルメットの話がありましたけど、、
バイクのフルフェイスもやめた方がいいとは言われました^^

やっぱり、、
しめつけられたり、すれたりってことですかね^^


あとは、、ゴルフはもちろんOKですね^^


スキューバダイビングは、、
残念ながら、、潜ったときの水圧等の関係でダメだって言われました。

詳しくはちょいわかりません^^;

ごめんなさい^^




そんなもんかな、、、


あ、騎手になりたい人!

最後の直線で、他の騎手のムチが当たったりすることがあるかもしれませんが、、
それさえ気にしなければなれると思いますよ^^


騎手になったら、、サインください^^



とまぁ、、ぶわーーーっと書いてきましたが、、

バスケもサッカーもやってる人いるし、やろうと思えば、、できるんじゃないですかね^^

僕は、、小学生6年生のとき一回転んで、耳を打ったときの痛さが忘れられなくて、
怖くて人とぶつかるようなスポーツは避けてきましたが^^;


ちなみに、、マサキくんやもえさんと飲んだときに、

野球とかバスケで耳に相手の手とかボールとか当たって痛くないの?

って聞いたら、、


フツーな顔をして、


「そりゃ、痛いですよ^^」


って言ってた。。



そんな彼らはやっぱりすごい^^


そんな痛さよりも、スポーツに対する情熱が上ということなんだろうか。。



サッカーをやっているサトシくんに、

怖くないの?


と聞いた時は、、


「はい、怖くないです」


って言ってたし。。



みんな、
手術をしても、自分のやりたいことを見つけて、しっかり楽しんでいますよ^^


むしろ、、僕がビビりぃなだけかも^^;



でもまぁ、、

ここに書いてあることがすべて正しいとは限らないと思いますので、

ひとつの情報として、、考えていただければと思います^^



ということで、

今日は「スポーツはどこまでやっていいのか?」でした^^



来週は、、何についてがいいですかねぇ、、



ということで、

みなさま、

土曜の午後を満喫してくださいね~^^




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。