So-net無料ブログ作成
検索選択
☆ペンリレー☆ ブログトップ

親愛なる皆様へ [☆ペンリレー☆]




※日頃、ぐすくブログ『四つ葉のクローバーはあなたの心の中にある!』をご愛顧頂き、ありがとうございます。





突然ではありますが、当ブログは昨日の更新を以って終了致しました





代わりまして本日より『四つ葉のクローバーを探したけれど、心の中が焼け野原!』を開始する運びとなりました。
引き続き、お楽しみ下さい。












ちゅえれ~♪(フランス語で『殺せ』の意味)



みなさん、元気ですか?私は元気ではありません^ ^
代筆シリーズ・最終回を務めさせて頂く金曜日の男A★RATAです。

これより先、ぐすくさんが書くような勇気と希望の湧いてくるハートフルな文章はございません。
あるのは劣等感妬み嫉み悪意に満ちたネガティヴセンテンスばかりです。
負の言葉を忌避するこのブログを、負の言葉を以って破壊しようと思います☆


そんなものは見たくない、という方はここらでご退場願います。
よく分からんが読んでやる、という奇特な方のみ、そのままお進み下さい。
テーマはズバリ『あきらめること』について。





〜人生は掛け算だ。どんなにチャンスがあっても、君がゼロなら意味がない〜


こんな言葉がかつて話題になりました。路上詩人なるものが世に現れ出した頃の話です。

私はこの言葉が大嫌いでした。

ほら、早速ネガティヴワードが出てきましたよ。

人生は足されたり引かれたり割られたり、そもそもそんな単純な数式ではないし、マイナスに転じていないのだからゼロの方がマシだし、何より短いワードで知ったようなことを得意げに語る感じがいけ好かない…と、当時その詩人さんよりもよっぽど人生について何も知らないガキの分際で私は思ったものでした。


話は飛んで約十年後、人生最大の挫折が訪れます。それは私が前職を辞めて次の場を求めている時のことでした。
要は試験に落ちて進路に躓いただけ…と一言でまとめることは出来ますが、自分の中では世界の終わりです。
SEKAI NO OWARIです。
スターライトパレードです。

今まで築いてきたものが音を立てて崩れて行くのを感じました。
絶対の自信を持っていたのに、それは何の意味も持たないものでした。

そして取り返しのつかないことになったと思いました。
先のことを考えるのが怖くなりました。
朝目覚めるのが恐ろしくなりました。
友人に会うのが恥ずかしくなりました。
いっそ、明日にでも世界が滅びてくれないかな…とも思いました。


今思うと、そんな中でも色んな人に励まされていた気がします。
しかし、一度心がマイナスに振れると何も響きません。
励まされた、という事実だけは残っていましたが、思い返しても何を言われていたのかはサッパリ思い出せません。

ただ一つ、確かに覚えている友人からの言葉があります。


「お前はこれまでの人生を思い通りに歩いてこれたのか?計画通りに、自分をコントロールして進めてこれたのか?」


これを出来る人種を『天才』と言うのだけど…という一言を添えてその言葉を突き付けてきました。
もちろん自分は天才なんかじゃありません。
そうであったならこんなに苦しんでいません。
そしてその答えに返ってきたのは


「だったら今お前が感じてる将来への不安とか、どうせ無理だ、なんて諦めには何の根拠も無いってことだ。だってお前は『凡人』なんだから」


…というものでした。つまりこういうことです。

お前如き凡人が、天才の真似事のように先のことを見通そうとしたってそんなスキルも実績も無いのだから、それよりさっさと今出来ることをやれ

…ということ。
活字にしてみると結構酷いことを言われてるような気もしますが、この言葉でとても心が軽くなったのを覚えています。
スラムダンクで赤木が魚住に「お前は鰈だ、泥にまみれろよ」と言われた感じです。


なので、出来ることをやることにしました。そして今に至っています。
マイナスにマイナスをぶつけたら動きだすことが出来た、この事実は自分にとって結構大きいです。
松岡修造に励まされてもこうはならなかったと思います。



今回のペンリレーの話をもらった時に何を書くか悩みました。
そもそも、ぐすくさんのブログがどういうものか?というところから考えてみると『ポジティブ』という言葉が浮かびました。
ならば、ポジティブ志向のこの場において、逆を行く話を書くのも面白いのではないか…と考えるに至りました。

決してポジティブであることを揶揄するつもりはありません。
ぐすくさんのブログはいつも前向きで、実際には相当大変な思いをしていたりしても「言う必要の無いことは発しない」というスタンスを貫いている点において、本当に尊敬しています。
愚痴る方が簡単ですから。
自分には真似出来ないし、これからもそのスタンスは変わらないで欲しいと思ってます。

そんな中で、もし読んでいる方の中に当時の自分と同じように苦しんでいる人がいたとしたら、
もしくは今後そういう事態に陥ってしまったとしたら、
プラスの言葉が響かなくなってしまったとしたら…
『あきらめる』ことでまた歩き出せることもある…ということをお伝えしたいな、と思った次第です。





さて、ここで残念なお知らせです。

『四つ葉のクローバーを探したけれど、心の中が焼け野原!』今回が最終回です
明日からはまたぐすくさんの『四つ葉のクローバー(略)』が始まります。

充電期間を経て、どうやらとんでもなく面白いネタを仕込んでいるようですよ。
それはもう、これまでのブログの常識を覆す斬新なアイデアが盛り込まれた、そしてゲラゲラ笑えてホロリと泣ける、ハリウッド映画を見終えたような爽快な読後感をもたらす超大作らしいです。
皆さん、楽しみにしていましょうね♪


それでは、長文乱文お付き合い頂きありがとうございました。良い週末を。




nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

平成28年4月29日 [☆ペンリレー☆]



木曜日の夜、皆さまいかがお過ごしですか?
こんばんは!木曜日担当の女子です。

女子力高めな月曜日担当から始まり、アイドル愛に溢れるステキなお話を書いてくれた火曜日担当からバトンを受け取りましたが、どちらも素晴らしいブログだったのでとてもプレッシャーに感じています。
ネタに1週間ほど悩みましたが、結局、趣味のジャニーズについて語ることにしました。

今から約4ヶ月前…4月29日のこと。
この日は、KAT-TUNのコンサート初日でした。
10周年記念ライブと充電期間前ラストライブを兼ねたこのコンサート。
楽しみなのに悲しいようなでもやっぱり嬉しいような…そんな複雑な心境で友人と東京ドームへ向かいました。
東京ドームに着いたのは朝9時半ごろ。
まず私たちにはやらなければならないことがあります。

それは、グッズを購入することです。

いつもなら前日に購入し、当日持参するという形をとっていたのですが、今回は諸事情により不可能だったため、気合いを入れて朝早くから並ぶことにしました。
行列に並び続けて約2時間半…ついにグッズを購入!

そして、開演まであと6時間、はやる気持ちを抑えながら私たちはラクーアへ向かうことに…。
ランチは終始ソワソワしながらトマトドリアを食べました。


トマトドリア☆.jpg



とても美味しかったです[レストラン][レストラン][レストラン][レストラン][レストラン][レストラン]

そのあともずっとソワソワしながらラクーアを歩き続けて2時間、カフェに入り浸ること1時間…ついに開演1時間前となったため、東京ドームへ戻ることに…!

今回は三塁側の23ゲートスタンド真ん中あたりの列。
とても見晴らしがよく、会場全体が見渡せるような席で、ライブ演出好きの私としては最高の席でした。
午前中に購入したバスタオルを肩にかけ、左手にうちわ、右手にペンライトを持って待機。
ステージの奥から掛け声が聞こえ、緊張感が漂います。

そして、ついに幕が上がりました。

デビュー前の曲から始まった今回のコンサート、1曲1曲を振り返るような、まさにKAT-TUNの10年が詰まったコンサートでした。

海賊船をイメージしたセットに佇む3人はとても輝いていて、とにかくかっこ良かったです。レーザーを使った演出や、これでもかというほど沢山の特効を使った演出など、全てがKAT-TUNという存在を際立たせていました。

「しばらくこの景色を見れなくなるのか…」と思うと、自然と涙が出て来ました。純粋に悲しいと思ったからです。ふと隣を見ると友人も涙を拭っていました。ですが、やっぱりKAT-TUNライブ。涙なんて流している場合ではありません。何故ならばメンバー全員が全力で楽しませてくれるのです。私もそれに応えるようにペンライトを振り続けます。

そして、最後の挨拶では1人ひとりが今思っていることを丁寧に時間をかけて話してくださいました。その言葉を聞いて「信じて待っていよう」と強く思いました。

アンコールは2回。彼らは最後に必ず、東京ドームのステージ、照明、カメラ、ライブスタッフ、バンド、会場に集まったファン、全国のファンに「ありがとう」の気持ちを込めて拍手をします。私はその瞬間、改めて「この人たちのことが好きだな」と実感しました。私はKAT-TUNの全てのことを知っているわけではないし、これから不安に感じることもあると思うけれど、これだけは変わらず言えるなと思いました。これからも、この4月29日の思い出を胸に日々を過ごしていこうと思います。

…ちなみに今回私は初日に参加しましたが、このライブの最終日をノーカットで収録したDVDが好評発売中です☆
初回限定盤にはブックレットとCDがついていますので、興味のある方はぜひ…!

無理やり宣伝に結びつけることに成功しましたので私はこの辺りで失礼します(笑)
ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました!!

それでは、ラスト金曜日担当の方へバトンをお渡ししま~す!


東京ドーム☆.jpg



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

Maxとき315号 [☆ペンリレー☆]


昨日の非の打ちどころがない女子からバトンを受けました。なにを書こうか考えた結果やはり自分の趣味関係しか思いつくものがありません。まあ私はこれに生かされているので・・・ ツイッターに書き込めない、140字では収まらない、先日のこと。


先日、8月の新潟へ。向かう先はNGT48劇場。AKB48グループの国内5つ目となるNGT48の本拠地へ向かった。

知り合いのオタクとバカ話をしながらバスで向かう。これでNGT48劇場に行くのは今年で4回目。目的は毎回、NGT48の劇場公演を観るためである。これを観るために、仕事をしてるといっても過言ではない。

なぜ、私がNGT48の劇場公演を観に行くのか。

そもそも”劇場公演”とは
AKB48全グループの本拠地の劇場で行っているライブのこと。演目が決められていて、各グループその演目を大体半年~長くて2年半行っている。NGT48劇場のキャパは300人くらいでメンバーとファンの距離が近い。メンバーのパフォーマンスにファンが声を出し、サイリウムを振っている。この一体感が劇場公演の魅力であり、長い期間同じ公演をやっているからこそ、そのメンバーの成長を感じ、歌やダンスが上手いメンバーが居たり、衣装チェンジのための繋ぎのMCで喋りが上手いメンバーが居たりと、劇場公演を楽しむところは人それぞれ。だからこそ、メンバーもファンもこの劇場を大切にしている。


NGT48は初期メンバー24名とAKB48からの移籍と兼任のメンバーが2名の合計26名で現在構成されている。劇場で公演ができるのは16名。26名の中で公演の初日に舞台に立った16名がNGT48のグループの中の”チームNⅢ”として活動する。しかしNGT48のメンバーは26名。その他10名は”NGT48研究生”として活動する。

基本的にこの”チームNⅢ”の16名が劇場公演を行うが、そのメンバーが他の仕事等で出れないときにNGT48研究生がサポートメンバーとして入り劇場公演に参加する。
AKB48全グループ同じような仕組みであり、もうその時点で、メンバーの間での格差が見られることがこのAKBグループの面白いところであると思う。見る人が見れば、初期のメンバーでの研究生は落ちこぼれと思われても仕方ないだろう。

私の推しメンはそのNGT48研究生の"大滝友梨亜"さん。みなさんが想像するような正統派アイドルとは真逆で、茶髪でヤンキーみたいな雰囲気でハーフのような濃い顔立ちで21歳。アイドルではオールドルーキー。ニックネームは“大滝”。性格はさっぱりしていて真面目で優しい。アニメ大好きでオタク気質でこんな顔だけど乙女チック。まあ…それが好みなんですけどね。


大滝友梨亜.jpg
          

大滝友梨亜さん



現在チームNⅢは劇場公演2つ目で「パジャマドライブ」公演というものを行っている。そして先日、NGT研究生にも「夏の二次会Party」公演という研究生主体の公演が発表されたのだ。


この発表は、今まで、サポートに徹してきた研究生にとって、自分たち主体の劇場公演がやっと出来るとても嬉しい発表。その発表に喜ぶメンバーや涙を流すメンバーも居た。


研究生公演。その公演はNGT48研究生にとって自身を売る大チャンスであり、かつ、未来のNGT48研究生がまた研究生公演を行えるよう、成功させなければいけないというプレッシャーも掛かっている。


その研究生公演は8/9に初日が行われた。残念ながら私は初日に行けなかったが、8/16に行われた2回目の研究生公演を観に行った。


NGT48は8/21に通算公演100回を迎えた。
先ほど、研究生はチームNⅢのサポートに徹すると言ったが、研究生は大体今まで15~25回ほど出てるだろう。しかし、私の推しメンである“大滝友梨亜”さんはまだ公演に3回しか出ていない。

1回目が"大滝友梨亜"自身の生誕祭。
2回目が研究生公演初日。
そして3回目が私が観に行った研究生公演2日目。
私は1回目も観に行ったので、彼女が出る公演を観に行くは2回目である。


なぜ私の推しメン"大滝友梨亜"は3回しか公演に出ていないのか。

彼女は歌は上手いんですが、ダンスがものすごく下手くそなんです。そしてちょっと覚えが悪い。ただそこがちょっと可愛い。

劇場公演って公にはされていないですが、口パクなんですよね。だから、歌が下手でもダンスはそこそこ出来るメンバーはいっぱいいて、劇場公演にも結構出てるんですが、ダンス下手はなかなかごまかせない。だから3回しか出れなかったと個人的に思っている。

ただ...

彼女の3回目の公演を観て、私は号泣をしてしまった。

一通り終わり、アンコールが始まる。アンコール明け2曲。SKE48の「不器用太陽」と「パレオはエメラルド」という表現力とダンス力も必要な楽曲。

ダンスが下手くそなのにも関わらず、他のメンバーにも引けを取らないくらいに全力で踊ってるんです。他の研究生はほとんど10代で元々ダンスやってたような子達の中、顔は真剣すぎるくらいこわばってるけど、決して上手いとは言えないけど全力で間違えずに踊ってるんです。ダンス苦手だけど必死で陰ながら努力して、このパフォーマンスをしているその姿に心を打たれ、私は号泣。


そして最後の「Maxとき315号」という楽曲でラスト。この曲はNGT48初のオリジナルソングでNGTファンが1番大切にしている曲。
実際に上越新幹線にMaxとき315号が存在し、それをモデルにしている。
https://m.youtube.com/watch?v=pPU5MPY7g_M  「Maxとき315号」
これがまたいい曲で。この曲を聴くたび、また新潟へ行きたいと思う。

この公演で最後この曲が流れ、メンバーが歌いだすと、NGT48研究生の今までの歩みだとか、大滝友梨亜さんのこの公演に向けて頑張っていたことだとか、走馬灯のように頭の中に駆け巡り、私はまたさらに号泣。


そして、最後は公演が終わったメンバーからのお見送り。
大滝友梨亜さんには顔と名前を憶えられていて、私がNGT48劇場に来たことを喜んでくれた。私は『ダンスすごかったよ。お疲れ様。』と伝え、楽しかった、感動したNGT48劇場をあとにする。


帰りの新幹線の中、楽しかった、感動した余韻を楽しみつつ、一緒に行ったオタクとこの研究生公演の感想を共有しながら缶ビールを飲む。


NGT48研究生の絶対成功させるという強い気持ち。それが見えた全力のパフォーマンス。そして、大滝友梨亜さんから見えた努力に、勇気をもらった劇場公演になりました。また仕事を頑張れそうだ。



NGT48研究生.jpg


NGT48研究生



まあ、この前の思い出話はこんなところで。

私は出発の時間なので 、次の方へバトンタッチ。

え?どこに行くかって?新潟ですよ。


10:16発の"Maxとき315号"で・・・


MAXとき315号.jpg





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

9/4より前の土日に会いたかったから [☆ペンリレー☆]




こんばんは

月曜日担当の女子です

昨日、1年以上ぶりに会う友人と有楽町で遊びました(´∀`*)

まずランチ~[レストラン]


ランチ~.jpg


おしゃべりに花が咲いて、ついつい長居(3時間くらい)してしまいました~
パンとドリンクおかわり自由でたくさん食べました(*´ω`*)
居心地良くておすすめです(マルイの5階です!)
あと、圧倒的女子率[ぴかぴか(新しい)]


次はショッピング~

あることに参加しようと考えてるからスカートGET!!
流行と個性を求めすぎた気がする...色も形も。
帰宅してから、あれ?これ受け悪くない??って思いました...[あせあせ(飛び散る汗)]

友人は結婚式お呼ばれワンピ買ってました。深緑色で素敵[ぴかぴか(新しい)]
10月に共通の友人の結婚式に出席します。

いつも1人なんですけど、久しぶりに誰かと買い物しました!!
楽しい!!


その次は2度目のカフェ~(すでに17:30過ぎ)
お腹いっぱいと言いながらケーキ[ショートケーキ] そしておしゃべり[黒ハート]


いやぁ~たくさんおしゃべりしました(∩´∀`)∩
本当は結婚式のサプライズムービーについて色々決めたかったのに、
違うことばっか話して全然進まなかったな

少し前の話とか最近の話とか仕事とか、
マンガとかアニメとかTRPGとかばっかりでした!


次は池袋や秋葉原で遊ぶ予定です~えへへ(察し


ほぼ普通の女子っぽいこと書きました(多分)


それでは、火曜日担当にバトンターッチ!!



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
☆ペンリレー☆ ブログトップ