So-net無料ブログ作成
検索選択
ルドルフ ザ・ラスト・キス ブログトップ

笑え 歌え 踊れ 死ぬまで♪ [ルドルフ ザ・ラスト・キス]


はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪





ん~、、居場所がない。。



そんな感じで、ソワソワソワソワ。。



日曜日は、帝国劇場に、「ルドルフ ザ・ラスト・キス」の千秋楽を観に行ったんだけど、

なんとまぁ、、開演時間13:30だったのに、、

勘違いした僕は、、12:30、、

つまりは開場と同時に帝国劇場に入ってしまったわけで。。



客席にはまだ入れず、、ロビーで待つことになるんだけど、、

なんとまぁ、、周りは女性しかいなくて、、男は僕ひとり。。



せめて、彼女と一緒とかなら、そんなに気にもならないけど、、

日曜日は僕ひとりで、、行ってるわけで。。



ことねー、、早く来ないかな。。


なんて思いつつ、、

ようやく客席に入れたから、、とりあえずは席で時が過ぎるのを待つ。





まーくん
女の人しかいないよ


そうメールを送ったら、、


だって井上芳雄ショーだもん


って返ってきたよ。




そうか。。



そんな感じで、2階の自分が座る席でジーッとしていたら、、

ようやくことねーからメールが来た。




おぉ!よかった!!



そう思い、ロビーに出て、ことねーがいる1階のS席に向かうんだけど、、

それはそれは、、開場のときよりもさらに多くの女性が。。



さすがに、ビビる。



足がすくむ。




それでも、、がんばってことねーを探す。



が、、S席のいるはずの場所にことねーがいない。



なんでよーーーーーーーーー><!!




って発狂しそうになったが、、

ことねーから電話が来て、、なんとか無事合流^^




で、、休憩時間の約束を取り付けて(?)いざ観劇、、ということになるのです。





と、、ここまでずいぶん書いてしまいました。


それでは、感想にいきますかね^^


ぶっちゃけ、初見だったので、、内容を追うので精いっぱい?な感じでしたが^^;


なので、、そんなにネタバレ、、してないと思います^^





まず、、ルドルフの井上芳雄さん


よかったです^^


結構、声もはっきりしているし、聴きやすいし、、
「モーツァルト!」のヴォルフガングや「三銃士」のダルタニャンも観たけど、、
いつ観ても安定していていいですね^^


いつも、気持ちがストレートに伝わってくるんですよねぇ。。


それが、とても心に響くんです。


歌だけじゃなくて、演技も含めて、大好きな役者さんです^^





マリー・ヴェッツェラの和音美桜さん


歌、、うまいですね^^

和音さんは、「レ・ミゼラブル」のファンティーヌで感動して以来、
とても気になる存在で、、
「三銃士」のコンスタンスもすごくかわいらしくて、、
とても素敵な歌声で感動したんだけど、、
今回も本当によかった^^
(2011年5月1日・・世界は忘れないか、死など無駄じゃないのか。@ミュージカル参照)
(2011年8月4日・・ひとりは皆のために 皆はひとりのために!@ミュージカル参照)


ルドルフとの二重唱や、ターフェとの二重唱。
1幕最後、、♪二人を信じて♪

どの歌でも、誰とうたってもカチッとハマる感じがあるし、
聴いていて、本当に心地よかったです^^



ルドルフと歌う二重唱は愛をうたうのに対し、
ターフェと歌う二重唱では対決の姿勢が全面に出ていて、
この違いがはっきりしていて、、すごくかわいいのとすごい迫力と、、
どちらも興奮しました^^


ってか、、本当に声が好き。



あと、、千秋楽のあいさつ、、
本当に和音美桜さんの優しさが出ていて、本当に素敵でした。


かなり好きです、和音美桜さん。





ステファニーの吉沢梨絵さん


初めて観たのですが、吉沢さんも歌、、とてもうまかったし、
あの2幕、、ルドルフにうたう♪それは私だけ!♪は、
感情がモロに伝わってきて、、鳥肌が立ちました。

あの、マリーとの教会のシーンも、、
ひとりの男をめぐる女の戦い、、怖かったですね^^;


鬼気迫るステファニー、、さすがに表情までは見えないけれど、
その話し方や立ち振る舞い、、雰囲気をみれば十分気持ちが伝わってきました。


吉沢さんも、これから注目したいなぁ、、なんて思いました^^





ターフェの坂元健児さん


僕にはアンジョルラスのイメージが強いせいか、、
あぁいうキャラや歌はなかなかしっくりこないんだけど、、
2幕初め、、よかったですね^^;


でも、一番は、やっぱりマリーとの二重唱かな^^


あれぐらい迫力のある歌をうたう坂元健児がもっと観たい!





ラリッシュの一路真輝さん


今回初めて観たんですけど、2幕のソロはよかったです^^

一路さんも、聴かせる曲の方がいいみたいですね^^





で、、最後、、フランツ・ヨーゼフの村井國夫さん


「エリザベート」のフランツは、、イマイチ感満載なのに比べて、

「ルドルフ ザ・ラスト・キス」のフランツは、、まぁ、、カッコいい。


同じ人間とは思えないぐらい^^;


それが、面白かったです^^





あとはね、、♪明日への道♪


ことねー曰く、初演のときはこの曲しか印象に残らなかったって言ってたし、
初演のときは、♪明日への階段♪っていう曲名で歌詞も違っていたらしかったのですが、、

聴かせる気マンマンの曲でした^^


で、、見事に、聴いて興奮しました^^


僕、今は苦しくても、未来に向かってがんばろうみたいな、、

そんな歌ををみんなで歌うような、、そんな曲が、、好きなんです^^



よかったです☆



とまぁ、、どちらかというとストーリーや演技より、、

歌中心の感想になってしまいました^^;


もう1回、、観てみたいな。。


今度いつやるんだろ。。




ってか、、ルドルフとマリーの恋に焦点を合わせている感じだから、

どうしても、ふたりが歌いあうとき、、応援したくなっちゃうけど、、

でも、、

よくよく考えると、、奥さん、、ステファニーかわいそうですよね。



何やってんだ!ルドルフ!


って、飛び蹴りしたくなっちゃう(あ、失礼しました。。)けど、、

まぁ、、ミュージカルですからね^^



史実については、、知らないことにしておきます。。(いろいろ諸説がありますが・・・)




でもね、、このミュージカル、、
僕的には結構耳に残る素敵な音楽が多くてよかったなぁ、、
っては思うんだけど、、

やっぱり、、ルドルフの気持ちに賛同できない分、、
(↑僕男なので、ステファニーがいるルドルフがあんなんなのが、、腹立っちゃう^^;)

どうしても、感情がそこまで入っていかない、、みたいな^^;

なんか、、ヘンな気分になりました^^;



それに最後がやっぱり、、ね。。



でも、、そういうのも含めて良かったと思います^^





ってな感じで、休憩中は2階の売店前で、、ことねーを待つ。

ドキドキしながら待って、、

なんとか会えて一安心^^;



で、終演後は、ことねーとお茶^^


なんでお茶かっていうと、、
ことねー、、このあともうひとつ「オペラシアターこんにゃく座」を観に行くとかで、、
18時には有楽町を出なくちゃいけないそうでって。。


すごいよね、このアクティブな感じ^^;


ちなみに、、午前中は国際フォーラムの相田みつを美術館行ってるからね^^;


感情の切り替え、、得意なんだろうね^^



なので、、国際フォーラムの下の喫茶店で、
1時間ぐらいルドルフの話やミュージカルの話をしたわけであります。



で、ことねーとバイバイして、

僕はまーくんと飲みに行くわけで^^;
(2012年7月30日・・本音を言うと、、@想い参照)
(2012年7月29日・・切り替えスイッチって、、あるのかな。@日記参照)


まぁ、、今回、ひょんなことから、、ルドルフを観ることになったけど、

やっぱり、ミュージカルっていいですね^^



あの空間、、やっぱり僕は好きだなぁ、、って思いました^^

が、、やっぱりひとりじゃなくて、誰かと一緒に観に行きたいですね^^;



ということで、、今日は長々と、、

ミュージカル「ルドルフ ザ・ラスト・キス」の感想でした^^



それではみなさま、明日も1日笑顔で楽しく過ごせますように☆





ステファニー・ルドルフ・マリー.JPG


ステファニー☆ルドルフ★マリー・ヴェッツェラ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
ルドルフ ザ・ラスト・キス ブログトップ