So-net無料ブログ作成
検索選択
レ・ミゼラブル ブログトップ
前の5件 | -

明日はーーーーーーー [レ・ミゼラブル]





はーいさーーーい☆





さぁ、勝負の一週間が始まった。



今週は、、、精神統一しながら過ごすよ^^





そして、、明日は、、待ちに待った、、レ・ミゼラブル

(2017年6月19日・・今週末は~ 土曜日~ 日曜日~@日記参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2017-06-19



生きる希望を、勇気を、、パワーをもらってきたいと思います^^





ってかね、


明日から、、いよいよ小耳症ファミリーマサキ留学するんです。


(2017年2月5日・・いつもどおりの(?)小耳症ファミリー反省会・・・?
                                   @小耳症ファミリー☆参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2017-02-05




青年たち壮行会しようなんて言ってたのに、、


からだと思ってみんなしてのんびりしてたら、、


まさかの74日に出発って。。



残念すぎる、、


残念すぎるよ・・・


けど、、


小耳症ファミリーの精神的支柱、、


そして、、僕の精神安定剤マサキ、、


小耳症ファミリーみんな応援しているから、、


体調に気をつけつつ、1年間、しっかりがんばってきてほしいですね^^




ということで、、


勝負の一週間、


いつもどおり、、自然体で、笑顔いっぱいがんばります☆




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015レ・ミゼラブル、行ったよ、2回目☆ [レ・ミゼラブル]




はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪





行ってきました、今公演、、2回目のレ・ミゼラブル^^



って、、いつの話だよ?!


みたいな感じになってしまいましたが^^;


(2015年5月17日・・昨日はレ・ミゼラブル、夜公演だったので、、@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2015-05-17




今公演、2回しか観ないうちの、、2回目。


今回は、2最前列ということで、、


遠いような近いような?


という、不思議な感じの位置でしたが、、


よくみえました^^





では、、ここからはちょっぴりネタバレ^^



今回、一番印象に残ったのは、、ガブローシュ


2幕、、♪Drink with meのシーン、、
前にも書いたけど、このシーン結構、、ズシッと、、心にくるんですね。

(2011年5月1日・・世界は忘れないか、死など無駄じゃないのか。@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2011-05-01


学生たちの自由に対する想いや、
自分たちの今までの人生への想い、、
友への想い、
今、目の前にある「死」に対する想いというか、、気持ち。

「学生たち」ってひとくくりによんでいるけど、
フイイ、プルベール、ジョリ、コンブフェール、、レーグル、、クールフェラック、、マリウス、、
そして、
そこにいる男たち、女たち、、
みんながそれぞれに心の中にある想いを感じるこのシーンは、、
「生きる」ということを改めて考えさせられるんですね。


そんな中、グランテールが、、

世界は忘れないか?
死など無駄じゃないのか?
偽りじゃないか?

ってうたうところ。。


グランテールって、、
ただ飲んだくれているようにみえるけど、、
彼は彼なりに、いろいろと抱えているものがあるんですよね。

でね、、
この歌詞の部分はいつも、、
自分が「生きている」ことについて、、
いや、、「生かされている」こと、、かな、、
について、、
考えるところではあるんだけど、

今回印象に残ったのは、、
グランテールのこのうたの後だったんです。


泣きながらしゃがみ込むグランテールを、、
ガブローシュがそっと、後ろから抱え込むんですね。

そのシーンが、、号泣で。


実は今まで、
グランテールの一挙手一投足をそこまでじっくりみたことがなかったんだけど、
今回のグランテール、、
最初から目立っていて、、
なんか、、僕的にはとても気になったんですよね。

ちなみに、、前回座っていた位置からだったら、
その光景を目の前で観ることができたのに、、
前回はその、、ガブローシュがグランテールを抱きしめるシーン、、
まったく、、気がつかなかったわけで。

(2015年5月9日・・今公演初 レ・ミゼラブル☆@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2015-05-09


ってか、、
お恥ずかしい話、、
このシーンが旧演出にもあったのか、新演出からなのかもわかっていない、、
という。。



ガブローシュはどんな気持ちで、グランテールを抱きしめたのか、、
正直、、僕にはわからなかった。

これは、、
今後、レ・ミゼラブルを観ながら、、感じていければいいかな、、
と、、
早くも次、観る楽しみができました^^;


ってか、、
グランテールとガブローシュって本当に仲がよくて、
ガブローシュの最期、、一番悲しんでいるのって、、グランテールなんですよね。

そういう部分も含めて、、
もう一度、グランテールとガブローシュについて、、
じっくり観たいと思いました。



あとは、、コゼット


これも、、前回観たときには気がつかなかったんだけど、
1幕フィナーレの前、
マリウスが、
エポニーヌがお家まで案内してくれたということで、
コゼットに紹介するんだけど、
旧演出のときは、
コゼットはエポニーヌに気がついていない感じだった気がするんだけど、
新演出になってからなのか、
今回の演出なのかはわからないけど、
今回は、
コゼットがエポニーヌをジッと見ていたんですね。


昔のことを思い出して見ているのか、
それとも、
恋する乙女として見ているのか。。


これも今回初めて気がついたから、
どういう気持ちでエポニーヌを見ていたのか、、
わからないんだけど、、
とにかくそこが印象に残りました。


ってか、、
コゼットって、、
あんなに表情豊かなのかな。。

僕のイメージだと、、
とても大人しくして、
あまり自分を出すこともなくて、、
っていう感じだから、、
コゼットはあんなに表情豊かな感じはないんですよねぇ。。


それに、
前にも書いたけど、
旧演出のときはそんなことなかったような感じがしたんだけど。。

(2013年6月15日・・6月8日、、今公演ラストレミゼ。。@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-06-15





ということでね、


今回は、、


印象に残ったけど、結論は出ていない、、


という、、


そんな内容のブログ^^;




結局、何が言いたいかよくわからない記事ですが、、

30回だか、40回だか、観ても、、

まだ、気になるところが出てきてしまうという、、

なんともいえない魅力ですね^^



と、、これだけ観ても、、


まだわからない部分があったから、、


レ・ミゼラブル、、読みなおし、、始めたんです^^


(2015年6月2日・・レ・ミゼラブル、、次はいつかな。。@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2015-06-02




今ね、ヴァルジャン(←本ではこっちなんですよね、バルジャン)が、
プチ・ジェルヴェの40スーを強引に奪った後、、
自分のしたことを猛省して、、
生まれ変わろうとしているところです。

新演出では、
ちょこっと出てきますよね、子どもの銀貨を踏みつけて威嚇するシーン。

あそこらへんです^^



順調^^




しっかり読んで、


もう一度ガブローシュグランテール、、コゼットについて、


自分なり考えてみたいと思います☆





今日も1日笑顔で楽しく過ごせますように☆






2015.5.16夜キャスト表.JPG






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

レ・ミゼラブル、、次はいつかな。。 [レ・ミゼラブル]





はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪





昨日は、、レ・ミゼラブル千秋楽でしたねぇ。




なので、、ここで、、大発表^^



実は実は、、


レ・ミゼラブル、、また読み始めました^^




この前、516土曜日の、夜の公演を観て、

(2015年5月17日・・昨日はレ・ミゼラブル、夜公演だったので、、@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2015-05-17


次の週から読んでるから、、もう2週間ぐらい、、かな^^




そんな話をさぁきにした^^



また、レミゼ読み始めたんだ^^


えー!?

どうして?


いやぁ、、なんか、、この前ミュージカル観たら、、

また読みたくなっちゃった^^


いつから読んでるの?


え?2週間前ぐらい?^^

今ね、ミリエル司教様のところ^^


だろうね^^;




ってな感じで、、


が本を読むのが遅いのと、、


ミリエル司教様の部分の話が長いのと、、


一体どっちなんだ的な感じではあるのですが、、


さぁきにとっては予想通りのミリエル司教様だったようで^^;




でもね、

なんか、、前より楽しく読めてるよ^^


そうなんだ^^


うん、、でもまぁ、、ミリエル司教様のところは5回ぐらい読んでるからね^^;


えー?!

なんで?!





そうなんです!!


ミリエル司教様は、、結構読んでるんです!!



5巻まで読了したのは1回なのに、、


ミリエル司教様4回ぐらい?読んでるんですね^^;


(2013年9月21日・・レ・ミゼラブル 読了@想い参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-09-21




レ・ミゼラブルを読もうとして、、


2巻まで読んで休憩して、、


で、、また1巻から読みなおして、、


途中やめちゃって、、


で、、またちょっと経って、1巻から読み始めて、、


やっぱりやめちゃって、、


なんて感じのことをしていると、、


一番読むのがミリエル司教様なんですね^^;




以前、、ブログで書いたときは、


1巻の読み終わった後、2巻、3巻と、、


トントン拍子に進んだように書いていたけど、、

(2013年2月6日・・Rのつく月には気をつけよう  ど、読了!@事件参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-06



実は、そんな簡単に読み進んだわけではないんですね^^;




なのでね、ミリエル司教様4回ぐらい?読んでいるのですが、


だからといって、、


ミリエル司教様のことならなんでも知っている^^



わけでもない、、という、、ね^^;





今回の目標は、、


次のレ・ミゼラブルの公演までに、、5巻読了すること



です。




できるかな。。




がんばって、、地味ぃに読み続けていきたいと思います☆







今日も一日お疲れさまでした^^







明日も1日笑顔で楽しく過ごせますように☆







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日はレ・ミゼラブル、夜公演だったので、、 [レ・ミゼラブル]





はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪





昨日は、、行ってきましたよ、レ・ミゼラブル☆


(2015年5月9日・・今公演初 レ・ミゼラブル☆@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2015-05-09




昨日は2最前列だったんだけど、、


この前とはまた違って、


舞台全体がみえて、、よかったですねぇ^^



まぁ、、感想はまた書くとして、、


夜の部だったので、、


一緒に行ったまーくんさぁき語り合う時間少なく


まぁ、、2時間ぐらい、、、しか語り合えなかったんだけど、、


やっぱり、、足りなかったんですね^^;




お家に帰ってきて、、


さぁきレミゼCDを聴き直すわけで、、


祐さまバルジャンのバージョンを聴きながら、


その当時のプログラムがなかったので、、


その一公演あとの2005年公演プログラムをみて、


で、、今日買った、2015年公演プログラムをみながら、、


今日の感想と、旧演出についてや音楽セリフについて、


語り合う、、


というよりは語る^^;




さぁきは、


旧演出を知らないけれど、


新演出は3回目だし、


今日みてきたレミゼと今聴いているCDとで、、


違いをみつけてはあーだこーだ、、話す、、


というわけで、、


気がついたら夜中2まわってたよ^^;




早く寝なきゃいけないかね?ということで、


最後は、、


別所哲也バルジャン鹿賀丈史バルジャン滝田栄バルジャン、、


と、、さっきまで聴いていた祐さまバルジャン、、


4バルジャンの、、♪ワン・デイ・モアを聴いて寝る、、


という、、


なんか、、


興奮して寝つけなかったけど、、


そんな感じで、昨日は(ってか、、今日だね^^;)レ・ミゼラブルを楽しみました^^







今日もレ・ミゼラブルの余韻を感じつつ、1日過ごしますよ☆







今日も1日笑顔で楽しく過ごせますように☆







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今公演初 レ・ミゼラブル☆ [レ・ミゼラブル]




はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪





平成27422日 お昼の部



レ・ミゼラブルを観にいったんですけどね、

今日はその感想を少々^^


(2015年4月24日・・レミゼをみて、4人でゆんたく~@日記参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2015-04-24




2015.4.22レ・ミゼラブル.JPG





今まで一番近くで観たのが、、
大阪まで遠征した時に観た、、10列目、、
だったんだけど、、
今回は、、、1階E列という、、奇跡的な場所^^


それはそれは、、
表情がよく見えて、感情が思いっきり伝わってきて、、
心がアツくもなり、心が痛くもなり、、
心が震えました。

それがまた、、
いつもとは違った感覚だったので、
そういう意味でも今回の観劇はとてもよかったなぁ、、
なんて思いました^^




ってことで、
今回の感想は内容よりもキャストメイン^^



福井晶一バルジャン。


福井さんは結構好きで注目していて、
今回の福井バルジャン、とても楽しみにしていたんですね。
で、、感想はというと、、
前回、観たときと違って、
今回、囚人のところではそこまで荒々しい感じがなかったような、、
そんな気がしました。

(2013年6月15日・・6月8日、、今公演ラストレミゼ。。@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-06-15


なんていうか、
怨みや憎しみを内に秘めているかのような、、
そんな風にみえました。
まぁ、、その内に秘めた感情が、、
♪独白で一気に爆発するあたり、、鳥肌が立ったんですけどね。


あと、、
今回特に印象に残った表情は、
マリウスを想ってうたう、、
♪彼を帰して
ですかね。
本当に優しい顔でした。


やっぱりなんていうか、、
バルジャン、、
あの囚人だったころから、最期、天に召されるまでの、、
その表情の変化って、、しっかりと見ないとわからないですね。

この悪から善(って、、こんな簡単に言っちゃいけないんだけど。)の変化って、
バルジャンにしかないわけで、
その中でも、
24653ではないかとジャベールに疑われるシーンや、
ファンティーヌを看取った後のジャベールと対峙するシーン、
パリでテナルディエらと一悶着あったあとジャベールと遭遇するシーンや、
バリケードでジャベールを逃がすシーン、
マリウスを助けたいと最後にジャベールに頼むあのシーン、、
いろいろなシーンでみせる、、
過去の自分と今の自分との葛藤の表情や、
正義感溢れる表情、信念を持った表情といった、、
様々な表情は、、
とても印象に残りました。


ん~、、よかったです。。



川口竜也ジャベール。


もう結構観ているような気がするけど、、
今回間近で観て、、あの、、顔の怖さ、、よかったです。


何事にも動じないあの感じ、
いつも雰囲気では感じていたのですが、
実際、近くで表情を見ると、、
まったく表情に変化がなくて、、
法律が絶対であるという、、ただ、その信念だけで生きている、、
というか、、
その揺るぎない信念があるからこその表情、、
本当によかったです。


たしかこの前、
福井ジャベールの時に、
「冷徹」ということばがピッタリって書いたような、、
気がするんだけど、

(2013年11月17日・・ポッキーの日、レ・ミゼラブルに行ってきました☆@レ・ミゼラブル参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-11-17


今回の川口ジャベールもそんな印象を受けました。


って、、書いていて思ったけど、、
ジャベールって、、冷徹なのかな。。

レ・ミゼラブルの登場人物は、
それぞれにいろいろな「心」の動きがある中で、
ジャベールは、、
一本、柱となるものがあって、
常に、それ忠実に生きているから、、
心の変化がないんだと思うんですよね。

法律に、、「心」は必要ないんですよね。

だから、
表情に変化があまりないのかもしれないけれど、
それを、、
「冷徹」と表現することは合っているのかな、、
なんて、、
ふと思いました。


ってか、
バリケードでバルジャンから逃がされるシーンでのジャベール、、
このシーンは、、
ジャベールの「心」を感じてもいいような気がするんだけど、
今回は、、感じなかったかな。。

そんな気がします。


今回「心」を感じたのは、、
最初で最後、、自殺するシーンだけだったかな。。

たぶん、、
ジャベールの「心」の変化を、ここまで感じなかったのは初めてかもしれない。
もちろん良い意味でですよ。



ファンティーヌは、、和音美桜


やっぱり、、好きだ、、和音美桜ファンティーヌ。

まず、綺麗。

でも、、その綺麗さが逆に、、
苦しい人生をより一層、、不幸に見せているような、、
そんな感じがしました。

♪夢やぶれて、、涙が出てきたよ。


そして、、
最期、コゼット想ってなくなるシーン、、
絶望、、よりも、、愛、そして希望を、光をみてなくなっていく、、
そんな表情に見えて、、
今までの苦しみや悲しみより、
明日を夢見て最期を迎えたんだなぁ、、
なんて、、感じました。

これは、今まで遠くから見ていた時には感じなかったですね。。



エポニーヌは綿引さやか


コゼット 思い出す
コゼット 変わった みじめな今の私を見て


目の前でこのシーンを観たんだけど、、
いやいや、、
ここまで、、切ない表情するもんか、、
というぐらい、、
昔の自分とコゼット、、
そして、、
今の自分とコゼット、、
というものを、
そのことば、その表情で表現していて、、
このシーン、、今回特に胸が痛みました。


今回初めてみたんだけど、
とてもかわいらしいエポニーヌで、
うたもよかったと思います。

何より、
マリウスを見つめるときの表情に、
好き、だけど、、苦しい、、けど、、好き、、
っていう、、
その「心」の揺れというか、、
そういうものが、、見えたような気がして、、
ね。。

でも、
「心」の揺れが見えたような気がする中でも、
やっぱりマリウスのこと、、大好きなんだなぁ、、
っていうのをすごく感じました。



そのマリウスは、、原田優一


初めてみたんだけど、、さわやか^^


あまり好きではなかったマリウスのことが、、
ちょっぴり好きになっちゃいました^^;

それくらい、綺麗な顔でした。

ただね、、
なんか、、
今まで感じた鈍感さが今回はあまり感じられず、
マリウスにそこまで腹が立たなかったような気がするけど、、
たぶんそれは、、
原田マリウスがカッコよくて、、
僕が原田マリウスの恋しちゃった(?)からですかね^^;

まぁ、、エポニーヌほど好きになってはいませんが^^;

うたも聴きやすくて、
僕は結構好きな声でした^^



コゼットは磯貝レイナ


申し訳ないのですが、、あまり印象はなかった。。

なんだろ。。

でもね、
僕がコゼットに一番求めるところっていうのが、、
1幕、マリウスとエポニーヌとうたう三重唱の一番最後。

ハモりがカチッとハマるかどうかは、
コゼットの高音にかかってるんだけど、
磯貝コゼット、、しっかりあたってました^^

それって、当たり前なんだろうけど、
たまにあそこが一発でカチッとハマらないときもあったりするので(磯貝さんじゃなくて)、
そこが綺麗だったのはよかったです^^

コゼットはなぜか演技じゃなくて、、そこに目が行っちゃうんですよね。。
厳しいって、、まーくんによく言われます。



萬谷法英テナルディエ×森公美子マダムテナルディエは、


よかったですよ^^


森公美子マダムテナルディエは安定していて、
萬谷法英テナルディエ、、をリードしている感じ。

テナルディエ夫妻は、、
やっぱりマダムテナルディエが強いからうまくいくんだと思うんですよね。
そういう意味で、
今回のこのコンビは、、なんか、、しっくりきたような気がしました。



アンジョルラーーーース!!

上原理生


最近、ほとんど上原理生アンジョルラスだよね。


相変わらずのリーダーシップで、、
僕は、、アンジョルラスにはいつもあれぐらいの強さや大きさがほしいな、、
と思っているから、結構好き^^


ただ、、原作を読んだ今、
あの、、原作のような、、透き通ったようなアンジョルラス、、
見てみたい気もするけど、、
どんな感じになるのかね?

イメージ的には、、
吉野圭吾がトートの髪の毛、、
みたいな感じなんだけど^^;




なんか、、
話がまとまってないですね^^


そして、、
感想がだいたいいつも一緒、、という。




さすがに、、
何回も観ていると、内容や音楽については書くことがなくなっちゃいますね^^;


と言いつつ、、
今回も、歌詞や音楽が一部変わっているところもあって、、
毎回、少しずつでも、、変化しているんですよね。

そこがまた新たな発見だったりして、、
おぉ!!
って思ったりするんですよね。



とにかく、
今回のレ・ミゼラブルはいつもと違って舞台が近かったから、、
よく表情がみえたんですよ。


今までは、
雰囲気や立ち振る舞い、声やうたといった部分を感じながらの観劇で、
表情はそこまで見えていなかったんですね。

だから、
自分の中にある「こういう気持ちなんだろうな」とか、、
そういう想いが先にきた感情になったりもしていたと思うし、
その感情に、
雰囲気や立ち振る舞い、声やうたを感じて、
自分なりの解釈があったような気がするんですけど、
今回、
間近でレ・ミゼラブルを観て、
今まで感じていたのと違う感覚や感情を感じることができたので、
とてもよかったと思います。


もちろんね、
舞台は毎回違うし、
感じ方も観たときによって変わってくるし、
そのときの自分の感情や状況によっても変わってくるし、、
それが舞台の楽しいところでもあるんですけど、
今回のレ・ミゼラブルは、
人物の表情が本当によくみえて、
感情が思いっきり伝わってきたので、
本当によかったです^^



それに、、
原作を読んだとはいえ、

(2013年9月21日・・レ・ミゼラブル 読了@想い参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-09-21


やっぱり舞台だと、、
演じる人によって違うから、、
毎回新鮮な気持ちになりますよね^^




次は、、

516日、、土曜日、公演^^



おぉ、、来週じゃんね☆




S席だけど、2階なのですが、、


また違った角度から、


レ・ミゼラブルを楽しみたいと思います☆







今日も1日笑顔で楽しく過ごせますように☆






2015.4.22レ・ミゼラブルキャスト表.JPG



まったくわからないーー;




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - レ・ミゼラブル ブログトップ