So-net無料ブログ作成
レディ・ベス ブログトップ

レディ・ベス、、観てきました☆ [レディ・ベス]



はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪





53日、、ミュージカル「レディ・べス」を観てきました^^




レディ・ベス 5月3日昼キャスト表.JPG





大好きな祐さまこと山口祐一郎がミュージカル復帰ということで、


まぁ、、とにかく楽しみに楽しみにしていたのですが、、


祐さま、、しっかり戻ってましたねぇ^^





と、、ここからはネタバレもあります^^




祐さま、今回のロジャー・アスカムは、そこまで歌う役でもなかったから、、
そんな何曲も歌うなんてことはなかったし、
たとえばエリザベートのトート、、♪最後のダンスや、
モーツァルト!のコロレド大司教のような、
声を張るような曲もなかったけど、、

それでもまぁ、、
甘く、囁くようにしっとり歌う、、あの感じは健在で、、
うん、、とても良かったです^^

ってか、、
プロローグっていうの?
一番最初から祐さまの歌で始まるなんて、、
なんて贅沢なのかしら、、
なんて思いながら、気持ちが舞台に向かっていきました^^




で、、今回、祐さまを観たいのもあったんだけど、、
結構他のキャストも豪華だったんですよね^^


レディ・ベス  平野綾
ロビン・ブレイク 山崎育三郎
メアリー・チューダー 未来優希
フェリペ 古川雄大
ロジャー・アスカム 山口祐一郎

アン・ブーリン 和音美桜
シモン・ルナール 吉野圭吾
ガーディナー 石川禅
キャット・アシュリー 涼風真世



どうですか、この豪華な布陣。
和音美桜吉野圭吾石川禅涼風真世って、、
この方たちは毎回出演なんですよ。


と、、テンションが上がったところで、、感想を^^




まずは、、アン・ブーリン、、和音美桜
やっぱり、、和音さん、、すごい。
声の張りといい、伸ばしといい、、
僕の大好きな声だし、本当に大好きな女優さん^^

アン・ブーリンは、
ベスの母親で、すでに処刑されているから、
要所要所にしか出てこないんだけど、
それにしてもまぁ、、存在感たっぷりで、
このミュージカルはある意味、
アン・ブーリンの元に成り立っていると思うぐらい、
迫力がありました。



シモン・ルナールとガーディナーは、
まぁ、、結構ふたりのシーンが多かったような印象。

吉野圭吾石川禅

歌えるだけでなく、コメディちっくな役もできる俳優さんだけあって、
観ていてなんとなく楽しかったです。
というか、、
今回はそういう感じだったのかな?

それにしても、
吉野圭吾の男っぽい感じは久しぶりに観たような気がするけど、、
たまにオネェっぽいところがあったような気が。。

一方の石川禅もさすがで、、
何でもこなせるし、演技も声も本当に良かったと思う。



そして、、
キャット・アシュリーの涼風真世

こちらも抜群かつ安定の歌唱力
やっぱり、存在感がありましたね。
歌以外でも、
ベスのお世話役さんみたいな感じだったけど、
演技も大きく見せていて、オーラがありました。




と、、ここまでベテラン組?
というか、
ダブルキャストではないキャストの感想を書いてきたのですが、、
逆に言うと、、
脇がしっかりとしすぎていて、
ベスの印象があまりないというのが、、
正直な感想。




これって、
平野綾が悪いとか、
山崎育三郎が悪いとか、、
そういうことではないんだけど、

このミュージカル自体が、
「レディ・ベス」というタイトルなのに、
そこまでベス中心になっていなくて、
登場人物みんながそれぞれにソロを歌ってみたり、
登場人物それぞれの印象が強かったり、、
で、、
一本の筋が通っていないような気がしたんです。


たとえば、
同じクンツェ×リーヴァイの「エリザベート」だと、
エリザベートがメイン、
まぁ、人によっては、、トートがメイン、、
みたいにひとりの人物を中心に物語を観ることができるし、
そのように物語が進んでいくし、
エリザベートとトートの関係ってなんだろう、、
みたいなことを読み解く楽しくさもありますよね。


「モーツァルト!」では、、
それこそヴォルフガングが軸となっていて、
そこにアマデがいて、、
あのアマデって何なんだろう、、とか、
そういうことを考える楽しみもありますよね。



そんな感じのものがなく、
登場人物みんなが目立っちゃってるような気がして、、
そういう意味で観終わった後、、
あまり何も残らなかったんですよね。。


「マリー・アントワネット」もそんな感じで、
あまり印象に残らなかったんだったけど、
もしかしたら、、
史実をそのまま忠実にミュージカルにしているものが、、
僕自身は得意じゃないのかもしれないですね。


「エリザベート」や「モーツァルト!」のように、、
トートやアマデ、、
みたいな、、
実際に存在しないものが存在して、
それが主人公とどのように絡み合い、
どのような影響があり、
どのような意味があるのか、、
とか、、
そういうことを考えられる方が好きなのかもしれない、、
という気がしました。

あとは、、
「李香蘭」なんかは史実の部分があるけど、、
あれは、
李香蘭を中心に描かれているから好きだったりするわけで、、
やっぱり、
ひとつ、軸がはっきりしている方が、、
わかりやすい部分もあるし、、好きなのかもしれないなぁ、、
なんて思いました。





と、、ここまであまり良いことを言っていないですが、、
そうはいっても、、ミュージカルが大好きなので、、
楽しんで帰ってきたんですけどね^^



ベスの平野綾
昨年6月、レ・ミゼラブルのエポニーヌで観て以来だったけど、
そのときよりも前に出ているような気がしたし、
表現力が強くなっている(←この表現は難しいですが。)ような気がしました。



ロビン・ブレイクの山崎育三郎
こちらは安定していますね。
安定しすぎているような気もするのですが、、
ベスに対する想いがとてもよく伝わってくる、、
そんなカッコいいロビンでした。



メアリー・チューダーの未来優希
今回初めてだったのですが、、
なんか、、迫力ありましたね^^;
歌い方だけじゃなくて、立ち振る舞いも。
ってか、、
エリザベートのゾフィーにみえたりもしたんだけど、、
調べてみると、、宝塚時代にゾフィーやったことあるみたいですね。

っていうか、、
メアリーは、、吉沢梨絵、、、観てみたい。。



フェリペの古川雄大
こちらも、、初めてなのですが、、
いい味出していたと思います。
歌についての印象は正直薄いのですが、
キャラとしてはとても印象に残っています。
ってか、、
あのオネェキャラちっくなのは、、演出なのかね?





ってか、、今回のこの感想、、中身があまりないですね^^;


そして、、内容が薄い^^;



逆にいうと、、


それぐらいの印象だったのと、、


僕がちゃんと観きれていないのと、、


ですかね。




なんか、、あまり楽しかった感がないような感じになっちゃったけど、、


でもね、


レディ・ベス、、


単純に内容だけみると、、


もうちょい、ベス中心だと良かったかなぁ、、なんて印象はあるけど、


わかりやすかったと思いますよ^^




それに、、やっぱり、、

ミュージカル、、いいですよね^^



あの空間、いつ行ってもいいですねぇ^^



レディ・ベス、、


もうチケットを取っていないので、1回限りで終わっちゃうけど、、


できれば、、


もう1回ぐらい観ることができれば、


また違ったことを感じられるから、、


うまく時間が合えば、、行きたいな。。




そんな気もします。



だって、、1回観ただけじゃ話追うだけで終わっちゃうし、


ってか、、


話追うだけでも、、それでも、ちゃんと拾い切れていないことが多いからね^^;




ということで、、


今日はミュージカル「レディ・ベス」の感想でした^^







今日も1日笑顔で楽しく過ごせますように☆





レディ・ベス.JPG





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
レディ・ベス ブログトップ