So-net無料ブログ作成

事件はあのブログから始まった。 [事件]





事の始まり


2013年2月6日・・Rのつく月には気をつけよう  ど、読了!
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-06



事の成り行き


2013年2月8日・・ウソ、、ついてないですからね!!
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-08







事の終わり





結局誰が悪いのか。





たしかに、


「男2人、女1人」とブログに書いたのは僕だった。




でも、


『この記事の中には「ウソ」がありますよ』とコメントに書いたのはジャスミンだった。




モリさんにその話をしたら、、


モリさんはその「ウソ」を教えてくれた。




サキコさんは、、


「ウソ」は、「読了した」ということだと思っていた。





この前のネタばらし事件、、


僕はまーくんに説教をされたわけで。。。





まーくんの説教の内容はこうだ。



今まで、ミュージカルであれなんであれ、ネタバレするときには、
必ず、「ここからはネタバレです。」って書いていたのに、
今回は本の内容を書くのにその文言を書かなかった。
それがまずひとつめの過ち。


そして、、
ふたつめは、、
僕が登場人物について、「男2人、女1人」と書いたこと。




この2点についての僕の言い分は、、

最後まで読んでいない僕は、
「男2人、女1人」に大して意味はないと思っていた。

だから、、ネタバレと書くほどのことではないと思っていた。

まーくんは、、
「そもそも男2人、女1人と書く必要がなかった」って言っていたけど、
僕は、、あの男女を超えた空間がいい雰囲気だったと伝えたかったのだから、、
それは、、書かないといけないわけで。

ミステリー小説といえども、短編小説だったこの本は、
一話完結で話が進んでいくものであった。
だから、その一話一話の内容さえ書かなければいいと思ったのと、
むしろ、唯一内容に触れられるとするならば、
毎回出てくる登場人物とおつまみを食べながらお酒を飲むお話、、
という以外に、書きようがなかったと思っていたわけで。





まーくんの説教はつづく。



そもそも、ミステリーというのは、読んでいって最後にオチがわかるわけで、
たとえば、今ミステリーを読もうとしている人に、
「犯人は〇〇だよ」
なんて言ったら、、読む気がなくなってしまうものなんだから、
僕があのブログに核心に触れるところを書いちゃったことがやっぱりダメで、
しかもそれが間違っていて、、
挙句の果てには、それを訂正するというその行為自体がいけないと。

なぜならば、、サキコさんが、、
読もうとしていたのに、、見事にネタをばらしてしまったから。


そして、、
そのネタを僕にばらしたモリさんは、
何が「ウソ」かわからなかった僕に答えを教えてくれたわけで、
ミステリーファンとしては、、やってはいけないことだと、、
モリさん自身がわかっているからこそ、
罪悪感を感じている。
にもかかわらず、
ネタを教えてもらった僕は、、なぜにそのモリさんの気持ちがわからないのかと。

しかも、
僕にネタを教えてしまったことに罪悪感を感じているのに、
それをモリさんから教えてもらったといってブログに書いて、
さらにみんなにネタをばらして、、
何をやっているんだ、、だそうで。。


さらには、、
サキコさん、モリさんと、
それぞれショック?怒り?謝罪?のコメントを書いているにもかかわらず、
そのふたりに対する僕のコメントがあまりにアホすぎて、
どうしたらそこまでポジティブに考えられるんだぐらいのコメントだったことが、
本当にどうしようもない、、とのことで。




これについては、、
僕自身、、ちゃんと「休憩中」ということを書いたのだから、
最後まで読んでいないということは、
ブログに書いてあるわけで、、
逆に言うと、、
本を読んだ人にしたら、、「あぁ、、この人まだわかってないな」で終わるし、
本を読んでいない人にしたら、、単純に「男2人、女1人の話なんだな」と思うわけで、
本を読んでいない人は、それでもその本を読んで衝撃を受けたかもしれない。

結局は、
本を読んでいようが読んでいまいが、
ただの「読み終わっていない本の感想」っていう記事にすぎず、、
それ以上でもそれ以下でもない。
それなのに、
『この記事の中には「ウソ」がありますよ』
と、ブログにコメントを書いたジャスミンがいけないんじゃないか、、
と思うわけで。


「ウソ」がなんだかわからない僕に、
モリさんが答えを教えてくれたことは悪いことではなく、
罪悪感を感じることでもない。
僕はむしろ教えてくれてありがたいと思った。

それに、
「ウソ」なんてコメントに書かれたら、、
釈明しなきゃいけないんだから、、
あれはあれで仕方がなかった。。
やっぱり、あのジャスミンのコメントがいけなかったんじゃないか、、
と思うわけで。


サキコさんに関しては、、
まぁ、、サキコさんが一番被害を受けているというのは、、
まーくんも僕もある意味同じ意見なんだけど、
サキコさんは、、
あの本を読んでいないわけで、
僕のブログを読んで、
単純におもしろそうとおもっただけかもしれない。

それに、、サキコさんは、、
僕のブログをちゃんと読んだうえで、
「休憩中」であるということ、
さらには、
読み終わっていないことをわかったうえで、
僕が、「一応、読了!」と無理やり言っちゃったギャグのことを、
「ウソ」だと思ったわけで、
おそらくは、
ジャスミンがあんなコメントを書かなければ、、
なんのことはない、、
ただの適当な話ですんだのではないか。

そう考えると、、
『この記事の中には「ウソ」がありますよ』
と、ブログにコメントを書いたジャスミンが、やっぱりいけないんじゃないか、、
と思うわけで。





と、、
日曜日の昼間から、、
映画「Les Miserables」を観終わった後に、
大阪王将でそんなやり取りをするまーくんと僕。





ここで、、話を最初に戻す。



ブログに書いたのは「僕」。


そのブログに「ウソ」があるとコメントに書いたのはジャスミン。


その「ウソ」を教えたのがモリさん。


「ウソ」を「読了」だと思っていたサキコさん。





誰が悪いのか。




まーくんいわく、、


あなたが書いたからあなたが悪いけど、
それを「ウソ」って書いた私もいけないよね。
何も触れなければよかったんだもんね。

でも、
そもそも本を読まなければブログに書かなかったんだから、
本を貸したモリさんが悪いということにもなっちゃうよね。

サキコさんは、
ネタをばらされちゃったんだから、
一番の被害者だよね。


簡単に言えば、、
あの本の感想を書くのに、、
「男2人、女1人」と書いた時点で、、
どっちに転んでも大騒ぎになるというミステリーを、
あなた自身が気がつかずに作り上げてしまったということだよね。


なぜならば、あなたはブログに「ウソ」を書くことがいやだから。

あのまま、「男2人、女1人」を残しておくと、
「ウソ」をついてしまったことになる。

そして、もし本を読み終えたとき、
実は「男1人、女2人」だったということを知ったとき、
罪悪感が生まれるとともに、
「なぜ知っているのに言ってくれなかったんだ」とおそらくは言うだろう。


逆に、、
僕が「ウソ」があるとコメントに書いた以上、
「ウソ」を書きたくないあなたは、
その「ウソ」が何かを探し、見つける。
そして、それが「男1人、女2人」だったとわかってしまった以上、
それを釈明せざるを得なくなるでしょ。

釈明をするということは、
すなわちネタをばらしてしまうことと同じなんだから。


だから、、どっちに転んでも大騒ぎになるよね。





さすがまーくんだ。



素晴らしい。





でも、まーくんの話の中に、、ひとつだけ。。


あのまま、「男2人、女1人」を残しておくと、
「ウソ」をついてしまったことになる。


そうまーくんは言っていたけど、
実際はそうではない。

なぜなら、
僕は、「休憩中」という風に書いたわけだから、
あの時点では本を全部読んでいないわけで、
それは「ウソ」とは違う。

むしろ、、「休憩中」と書いたことで、
「ウソ」ではなくなっている。


ただの「間違い」でしかない。

いや、
ただの「勘違い」でしかない。

いや、、、
ただの「思い込み」でしかない。


どれでもいいが、
そう考えると、、今回のこの事件、、
「ウソ」っていうことばがひとつのキーワードだけど、、
結局、、
誰も「ウソ」をついていない。




にもかかわらず、
ここまで大騒ぎになってしまうことが、
というよりも、、
大騒ぎをしてしまうことが、、
一番のミステリーなのかもしれない。







Rのつく月には気をつけよう.JPG





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ウソ、、ついてないですからね!! [事件]



はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪





この記事の中にはウソがありますよ
お気をつけ下さい



なんて、、ジャスミン、、(まぁ、、まーくんなんだけど)が、


ひどいコメントを残すもんだから、、


それを、モリさんに言ったんです。


(2013年2月6日・・Rのつく月には気をつけよう  ど、読了!@事件参照)

http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-06




そしたら、、モリさんも、、


いや、、ウソ書いてありましたね。




とか言っちゃってぇぇぇ。





そりゃね、「読了」って書いたよ。


書いたけど、、


一応、、ギャグちっくに書いたし、


しかも、、ちゃんと「休憩中」って書いたんだから、、


ウソじゃないでしょ!




なんて、、モリさんに言ったんだけどね、、


ま、、まぁ、、そこはそれでいいんですけど、、内容にウソがあるんです。



みたいに言うわけですよ。





で、、それでも言ってる意味がわからない僕は、、


いや、だから、「休憩中」って書いたから、ウソじゃないでしょ!



ってモリさんに言ったんです。




そしたら、、


最後まで読めばわかりますよ。



と言うモリさん




そこで、、なんとなぁく、、なんとなぁく、、ピンときた。





↓これ、、この前の記事の抜粋。



Rのつく月には気をつけよう   祥伝社文庫

著者:石持浅海



内容としては、、

仲の良い男2人(長江、熊井)、女1人(湯浅夏美)が、

飲み会にいつも誰かの友人をゲストとして1人よんで、

4人で飲みながら話をする。





実は実は、、


熊井、、じゃなくて、、だったんです。



このブログ書くときにね、


名前を確認したら、、「熊井渚」って書いてあったんですよ。



おぉ、、女の子みたいな名前だなぁ、、


なんて思ってはいたものの、、


勝手にだと思い込んでいた僕は、、


ブログに、、男2人と書いたわけで。。




ちなみに、、


最後まで読むと、、熊井渚だということがわかるらしいです。




なぜかというと、、


モリさんも最初はだと思って読んでいたそうです。




そう、、著者の術中に、、見事にハマったモリさん




でも、、最後まで読んだモリさんは、、


熊井渚だということがわかったわけで。





ちゃんと、最後まで読んでくださいよ。


というか、、読み終わる前にタネ明かししちゃったじゃないですか。


読み終わってないのに、、「読了」とか、、書いちゃダメですよ。





と、モリさんに、散々ダメ出しをされてしまいました。





☆今回の1件で学んだこと☆



一 思い込みは心の眼をも曇らせてしまう


二 本は最後までしっかり読む


三 「読了」とは、本を読み終わったことをいう







思い込みって、、


物事をしっかりと見ることができなくなっちゃうから、


大切なことを見落としちゃいますよね。



真実を見極めることができなくなってしまいますからね。



だから、、思い込みをしないように、、気をつけないと、、ですね^^





本を最後までしっかり読む、、


当たり前ですね。



ん?当たり前ですか?



でもまぁ、、最後まで読まないと、、真実は見えないかもしれませんしね。





「読了」って、、


本を読み終わったことをいう、、みたいですが、、


今のところ休憩中だけど、、


このまま、よし、読むの終わり!って思ったら、、


それも「読了」って、、



言うわけないですね。。







ということでね、、


この前のブログ、「ウソ」ではなく、、ただの「間違い」ですから。



ん、、最後まで読めばわかるんだから、、


「間違い」とは違うのか。。





この前のブログ、、「ウソ」ではなく、、「勘違い」だ^^


勘違い^^



ん、、最後まで読めばわかるんだから、、


「勘違い」とも違うのか。。





「ウソ」ではなく、、、、、「思い込み」だ^^


思い込み^^





そしたら、、もう一回、、言いなおしますね^^





この前のブログ、「ウソ」ではなく、、「思い込み」ですから。



そこだけは、、みなさま、、わかってください^^



ってか、、


最後まで読めば、、「思い込み」、、だったことがわかるんだから、、


「思い込み」、、っていうのも、、違う、、のかな。





まぁ、、なんでもいっか^^





とにかくね、、


本は最後まで読まないといけませんってことですね^^




あぁ、、そういえば、、ジャスミンのコメントに、、


ぐすく君
せっかくだから ぜひ全部読んでねー


って書いてあった!!!





今日も一日お疲れさまでした^^





明日も1日笑顔で楽しく過ごせますように☆







★     ★     ★     ★     ★     ★     ★


関連記事



2013年2月6日・・Rのつく月には気をつけよう  ど、読了!

http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-06



2013年2月13日・・事件はあのブログから始まった。

http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-13


★     ★     ★     ★     ★     ★     ★



nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Rのつく月には気をつけよう  ど、読了! [事件]




はいさぁい♪みなさん元気ですかぁ~♪





Rのつく月には気をつけよう   祥伝社文庫


著者:石持浅海





僕が、本が苦手であると知っているにもかかわらず、、


モリさんが僕に本を貸してくれた。



ので、、一応読んでみたんだけど、、おもしろかったです^^





なんでも、、まーくんが以前ブログで感想を書いていたらしく、、


(空論X・・・2012年9月30日「Rのつく月には気をつけよう 読了」)

http://jasmineopama.blog.fc2.com/blog-entry-201.html



モリさん、、


ぐすくさんも読んでみたらどうですか^^


ということだったんだけど。





内容としては、、


仲の良い男2人(長江、熊井)、女1人(湯浅夏美)が、


飲み会にいつも誰かの友人をゲストとして1人よんで、


4人で飲みながら話をする。



で、、その中で、ゲストの話から、


そのゲストの過去にあったことを読み解いていく、、


みたいな、、そんな感じなんだけど。




そのゲストの話を聴きながら矛盾点を次々に見つけ、


それをしっかり自分の中で吟味した上で、


真実を探り出す、、


その長江の傾聴力や思考力、、すごいな、、と思いました^^




あとはね、、なんか、、3人の空気感がとても良いのが伝わってきましたね^^


あぁいう空気、、あこがれます^^


3人とも結婚してないからできる空間、、なんでしょうけどね^^




それと、、やっぱり、、毎回お酒のおつまみが登場するので、、


なんか、、試してみたくなるものがたくさんありましたね^^




1月の始めに貸してくれたんだけど、


今、ちょうど半分ぐらい読み終わって、、


休憩中なので、、


また気が向いたら続きを読みたいと思います^^





ってか、、


そういえば、、去年の6月にタカハシさんからおもしろいよ~って、


勧められて借りた、、マンガ、、「MONSTER」もまだ読み終わってないですね。。



8巻の途中で休憩中だ^^;



だからね、昇任祝いに未会のみんなからいただいた栞が、、


MONSTERに入ったままなんですよねぇ。。





ってか、、その話タカハシさんにしたら、、



マンガを一気に読まないなんて考えられないんだけど。


ましてや、、栞をマンガに挟むなんてきいたことないよ。



って言われたよ^^;




ん~、、やっぱり、、読むのが苦手なんですかねぇ。。





ちなみに、今までで一番長い休憩は、、


現在も進行中なんだけどね、、


20歳のときに読み始めて、、


全5巻、、の今、4巻の途中っていうのが、、ありますよ^^





そう、衝撃の出会いだったから、、


本も読んでみようと思って、、買ったんです^^







レ・ミゼラブル



その当時大学生になったばかりの僕は、、


本が得意ではないにもかかわらず、、


大好きなミュージカルだから、、読めるだろう、、


という気持ちで、、買ったんですね。





レ・ミゼラブル  新潮文庫 


著者:ヴィクトル・ユゴー  訳:佐藤朔




読み始めたら、、


まぁ、、なかなかバルジャンが出てこない出てこない。




ミリエル司教の話から始まって、、


司教のお家の話があって、、


それがまた、、長々と事細かに説明が書いてある。。



バルジャンが出てくる前に、何度も挫折しそうになったよ




飛ばして読めばいいじゃんって言われるかもだけど、、


読まないところがあるっていうのがいやっていう性格なので、、


苦しみながら、、バルジャンが出てくるのを待つ。。




ようやくバルジャンが出てくると、、


なんとなく読むペースがあがるんだけどね、、




なんて、、そんな読み方してたら、、



1巻が読み終わるまでに、1年かかってたよ^^;





そんな感じで、、2巻、、



3巻、、



ときて、、




今4巻途中で、、もう9年ぐらい休憩しているわけで^^



たしか、、アンジョルラスはまだ登場してきてなかった気がしたけど。。





そして、5巻はまだ買ってないんです。





そんな中、、映画「Les Miserables」を観たタカハシさんが、


ぜひ、読みたいということだったので、、


昨年末、、とりあえず1巻を貸したんです^^





本好きのタカハシさんでも、、あれはキツイですよみたいな話をしたんだけど、、


タカハシさん、、


それは、、本が嫌いなぐすくくんだからじゃないの?


なんて、、言ってました^^;




が、、まだ、、170ページぐらいしか読んでないみたいで、、


ページが一向に進まないって、、


苦しみながら、読んでます^^





5巻、、僕が買いますから、、いつでも言ってくださいね^^



って言ったら、、




そこまでたどり着くの、、相当時間かかるよ。



って、、言ってました^^





まぁ、、ね^^


僕なんか、、13年経ってもまだ読み終わってないからね^^





そんな感じで、、



今日は何の話してるんですかね。





あぁ、、読み途中の本がいっぱいあるって話ですね^^





Rのつく月には気をつけよう



まだ全部読み終わってないんですけど、、



半分ぐらい読んだので、、



一応、、読了!





今日も一日お疲れさまでした^^




明日も1日笑顔で楽しく過ごせますように☆





※この記事につきましては、後日ちょっとした騒動になってしまいましたので、

 合わせて下の関連記事もお読みください。



★     ★     ★     ★     ★     ★     ★


関連記事



2013年2月8日・・ウソ、、ついてないですからね!!

http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-08



2013年2月13日・・事件はあのブログから始まった。

http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-13


★     ★     ★     ★     ★     ★     ★





nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ: